To top
Japanese
< 新機能とお知らせ
新機能とお知らせ
2021年夏の製品リリースへようこそ!

いつもの通り、今回の夏のリリースもYextプラットフォーム全体にわたる機能を満載でお届けします。このリリースノートでは、2021年夏の製品リリースに含まれるすべての機能について説明します。

Hitchhikersを楽しく活用しましょう!

Table of Contents
Answers すべてのエンティティタイプの動的再ランク付け New Experience Training Functionality Full Screen Test Search Answers Support for Additional Languages Pages Performance Answers検索UI - セッションストレージ Answers検索UI - ユーザーエンゲージメントの無効化 Voice Integration Answersスニペットジェネレーター Theme v1.23 サポート案件提出回避の把握 バーティカル検索での直接的な回答 ドキュメント検索アルゴリズムの改善 現在営業中と営業時間によるフィルタリング バーティカル検索でのハードコードされたプロンプト Semantic Search for All Entity Types Prediction Mode for Field Value Direct Answers 検索バーコンポーネントの速度最適化 Knowledge Graph カスタマイズ可能なエンティティプレビュー エンティティ検索機能の強化 Slug URL Field New Data Connector — API Data Connector — Transforms コネクターの実行モード ロケーションLive APIの更新 クローラーでクエリパラメーターを無視 Export Entity Directly from Entity Edit エンティティ編集画面の折りたたみ可能なフィールドセクション ふりがなフィールド フォルダ管理ツールの更新 コネクターの改善 GoogleアカウントIDフィールド アプリと統合 AI Search for Acquia AI Search for Drupal AI Search for ServiceNow Streams Endpoints for Reviews Platform Apps with Configuration クイック検索 アプリインストールと更新フローの改善 ライセンスパックのメモ パートナーポータルUIでアカウントレベルのサービス設定が可能に 管理者コンソールでリソースタイプ別に整理 Analytics クラスターパフォーマンス クラスタリング向けパフォーマンスグループ サポート検索の案件提出回避指標 新しいコンバージョンアクションのステータス 新しいAnalyticsナビゲーション 新しいエンドポイント — Analytics API Catalog APIでの過去の完了日のクエリ コネクターを複製 Listings Knowledge Networkパブリッシャーのアップデート 新しいパブリッシャーフィールド Reviews エンティティのレビュー生成 Review Generation for all Entity Types ヘルスケア向けレビュー生成メールのサポート Reviews Webhookの更新 Pages ページビルダーとKnowledge Tagsでのピクセル分析 Streams

Answers

今回のリリースでは、Knowledge Graphをさらに手軽にスピーディに使えるよう、更新を行いました。カスタマイズ可能なエンティティプレビュー、エンティティ検索機能の強化、新しいAPIデータコネクターなどの機能により、Knowledge Graphがこれまでになく強力になります。

すべてのエンティティタイプの動的再ランク付け

Answers

New Experience Training Functionality

Answers

We have added new functionality to the Experience Training section of the platform, which will make the tool a lot easier to navigate for users. This includes the following:

  • ユーザーは、エクスペリエンストレーニングテーブルで各クエリの最新性を確認できます。
  • Users can toggle back and forth between a list of completed training queries and a list of new queries that still need to be trained
  • Featured Snippets from Rich Text are now visible

In addition, we have two new components available for Experience Training: NLP Filters and Spell Checking. Adding NLP Filters and Spell Checking as components extends the experience training system to allow users to approve and reject these parts of the algorithm, instantly fixing issues, and providing a valuable source of training data for our algorithm.

spell check

spell check

You can read more about Experience Training in the Spring ‘21 Release Notes.

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

Answers

Introducing a new and improved Test Search! Test Search is a platform tool we offer administrators so they can test queries and identify opportunities for improvement in their search experiences, without leaving the platform. In this Summer ‘21 Release we’re making the following updates:

  • Shifting to a full screen interface
  • Using customizable entity previews from Knowledge Graph
  • Displaying direct answers in results
  • Displaying featured snippets in results

featured snippet

  • Showing additional data like NLP filters applied
  • Allowing administrators to view and copy raw API requests and responses

api request

  • Including test searches in the search log

All of these will improve the user experience of test search and encourage administrators to take advantage of this query optimization tool. Most notably, the raw API response functionality will save time when it comes to debugging and sharing searches.

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

Answers Support for Additional Languages

Answers

We can now support several new languages in Answers for Basic Text Search, Query Rules, Query Suggestions, and NLP Filtering (Named Entity Recognition). As of the Summer ‘21 Release, we now can support:

  • Chinese (Traditional)
  • Chinese (Simplified)
  • Russian
  • Polish
  • ポルトガル語
  • Dutch
  • Arabic
  • Korean
  • Swedish
  • Hindi

Note: Support for these languages will become available in the General Availability release and will not be available for Early Access. In order to see translations for these additional languages in the Answers frontend, you will need to upgrade to the latest version of the SDK.

We will continue to expand our algorithm’s functionality across other languages and will be eager to share progress along the way!

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

Pages Performance

Answers

This Summer Release features optimizations to the Answers SDK and Theme speed performance. Adding the Answers search bar to your website should have absolutely no effect on your page performance. We’ve also introduced backend improvements to improve Google’s user-centric performance metric, and included a default loading indicator to reduce perceived latency of an experience.

Answers Page Performance

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

Answers検索UI - セッションストレージ

Answers

Answers検索UI - ユーザーエンゲージメントの無効化

Answers

Voice Integration

Answers

We’ve taken the Answers experience to the next level with our Voice Search.

3.25 billion people are using voice search on programs like Alexa, Siri, and Google assistant. People want the ability to vocalize their intentions instead of having to type out a search. Using Yext Natural Language Processing technology, we can provide Answers to real questions asked by real voices.

検索バーにマイクアイコンが表示され、音声検索が使用できることをユーザーに伝えるほか、音声検索の開始/停止のためのインターフェイスとしても機能します。この機能は現在、Chrome、Edge、Safariで利用できます。音声検索はAnswersがサポートするすべての言語で利用できます。

Note: This feature will become available in the General Availability release and will not be available for Early Access.

voice integration

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

Answersスニペットジェネレーター

Answers

Theme v1.23

Answers

With Answers HH Theme 1.23 we’ve added several features to improve the user experience, manage your analytics, and improve overall page performance.

You can find the full list of features and bug fixes below, with additional details available in the Community.

  • Ability to toggle session tracking : Session tracking can now be toggled on and off through the runtime configuration
  • Ability to disable user interactions : You now have the option to control all analytic interactions
  • Page Performance improvements : Adjustments have been made to the SDK to save computation time and improve the search experience.
  • Case Deflection Support - Passing QueryID to Parent : Ability to send the query ID as well as additional data to the parent window using postMessage in the JS Snippet integration
  • Voice Integration : A microphone icon in the search bar will notify the user that voice search is available and act as the interface to start/stop a voice search
  • Additional Language Support : We can now support several new languages in Answers
  • Bug Fixes : A few minor bug fixes/improvements that will help improve your experience

このバージョンへのアップグレードをご希望の場合は、こちらのコミュニティ投稿で重要な手順について必ず確認してください!

In case you missed it, we have also released Hitchhikers Theme v1.21 and v.1.22 since the Spring Release, which included the following features. The good news is that each theme builds on top of the previous theme, so you’ll be able to access all of these helpful features when you upgrade to Theme v1.23.

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

サポート案件提出回避の把握

Answers

バーティカル検索での直接的な回答

Answers

ドキュメント検索アルゴリズムの改善

Answers

Yextは、お客様がドキュメント検索を活用して発見される興味深い新たなユースケースに対応するため、継続的にAnswersアルゴリズムの改善を行っています。その中で、モデルを微調整し、追加のドキュメント種類や形式に合わせてパフォーマンスの最適化を行っています。6月のリリースでは、リッチテキストを解釈し、順序付きのリストや手順などの注目スニペットを表示しやすくなるよう、Extractive QAアルゴリズムを改善しました。

リンクtrustpilot

これらのアルゴリズム改善は、Zendeskなど、コンテンツがリッチテキスト形式で格納されているソースが多いサポート検索にとりわけ有用です。この他の非構造化ドキュメントには、レシピ、手順、略歴、ブログ投稿、記事や順序付きリストなどがあります。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

現在営業中と営業時間によるフィルタリング

Answers

NLPフィルタと静的フィルタで「現在営業中」ステータスでのフィルタリングに対応しました。これにより、builtin.hoursフィールドでNLPフィルタリングが選択された状態でユーザーが「現在営業中のレストラン」と検索すると、Answersが自動で営業時間外のレストランを除外するようになります。ユーザーのタイムゾーンとエンティティの休日営業時間も考慮されます。

営業時間によるフィルタリングの追加により、エンドユーザーはリアルタイムで営業中の便利なロケーションをすぐに見つけられるようになり、ユーザーエクスペリエンスが改善します。 現在営業中のレストラン

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

バーティカル検索でのハードコードされたプロンプト

Answers

「verticalPromptsOnEmpty」設定プロパティを使用して、バーティカル検索でユースケースが最初に空白の検索バーをクリックした際にハードコードされたプロンプトを表示できるようになりました。これまでにも、ユーザーがバーティカル検索バーで入力を開始すると自動補完オプションとしてこれらのバーティカルプロンプトが表示されていましたが、ユーザーの入力前には表示されていませんでした。今回の変更は、ユニバーサル検索ですでに提供している体験に合わせたものです(バーティカル検索ではユーザーが検索バーを最初にクリックした際にMad-Lib形式の動的プロンプトが表示されない点のみが異なります)。

{
    "querySuggestions": {
        "popularQueriesBlacklistedTerms": [],
        "verticalPromptsOnEmpty": true, //return non-madlibs prompts on empty search for all verticals
        "universalprompts": [
            "近くのレストラン",
            "コミュニティ内のイベント",
            "ギフトカードは販売していますか?",
            "コミュニティストーリー"
        ],
        "verticalprompts": {
            "communityStories": [
                "コミュニティストーリー",
                "直近のコミュニティストーリー",
                "[[name]]",
                "[[date]]に公開されたコミュニティストーリー"
            ],
            "events": [
                "今後のバーチャルイベント",
                "[[name]]"
            ],
            "locations": [
                "近くのロケーション",
                "[[name]]"
            ]
        }
    }
}

この新機能により、管理者は、バーティカル検索で意図せずにユーザーを特定の結果に誘導することなく、提案プロンプトを表示してガイドできるようになります。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Semantic Search for All Entity Types

Answers

As of the June monthly release, the Semantic Text Search algorithm can be activated on the name field for any non-location entity type. This wider activation across entity types will expand Answers’ use of neural networks to return the result from the Knowledge Graph that precisely matches the user’s intent.

Every user might use a different query to find the same answer so it is critical to understand the semantic intent and not just match for keywords. For example, with Semantic Text Search, Answers can learn that users searching for “high top sneakers,” usually want basketball sneakers. Or in career search, a candidate may search for “recruiting” positions. Answers will detect that this user would be interested in open roles like “talent acquisition associate.”

We’d love to hear in the community how you’re using Semantic Text Search to make your search experience smarter!

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

Prediction Mode for Field Value Direct Answers

Answers

We are now offering a new prediction mode for Field Value Direct Answers, similar to our Prediction Mode for Featured Snippets. This new feature allows administrators to configure how assertive the algorithm will be in showing a Field Value Direct Answer when it may not recognize a particular entity in the query.

This will especially come in handy for single-location businesses and anyone who wants to surface direct answers with more frequency. Queries like “what are your hours” or “how do I contact you” would not surface a direct answer in our default settings, but they could now by configuring Prediction Mode!

予測モード

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

検索バーコンポーネントの速度最適化

Answers

Answersの検索バーが一新され、速度がさらに向上しました!ホームページにAnswers検索を追加する際にこの新しい高速な検索バーを選択できるようになります。この検索バーは ページ読み込み時間 に影響を及ぼさず、外観や操作感も従来の検索バーと変わりません。Yextのクラシックスタイルを選択することも、カスタムのCSSを適用することも可能です。新しい検索バーの実装方法はこちらを参照してください。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Knowledge Graph

カスタマイズ可能なエンティティプレビュー

Knowledge Graph

エンティティ検索機能の強化

Knowledge Graph

Slug URL Field

Knowledge Graph

Admins can now add a Slug URL Field to entities in the Knowledge Graph. To ensure the field is URL safe, it will only support lowercase alpha-numeric characters and the following URL safe characters: -._~:/[]@$’()*+;=. The field will convert spaces and ampersands (&) to dashes (-) and strip any other unsupported characters that are added through embedded field inputs.

Slug URL

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

New Data Connector — API

Knowledge Graph

In the Summer ‘21 Release we’re introducing a new API Data Connector. This low-code/no-code Connector will enable admins to easily pull or receive data directly from non-Yext APIs by following the intuitive Connectors workflow. These new API options also introduce new possibilities for creating Apps in Yext.

We have added support for two API Sources and an API Trigger:

Push to API

通常のAPIコールやWebhookメッセージのいずれかを経由してスキーマレスエンドポイント(コネクターAPI)にデータをポストできるようになりました。この新しいエンドポイントはスキーマレスなため、まったくデータの操作を行わずにYextにJSONデータをAPI経由で送信することができます。コネクターの実行は、アカウントに対して生成された一意のエンドポイントURLへデータを送信するたびにトリガーできます。

Push to API

Pull from API

この新しいAPIコネクターを使用することで、パス、URLパラメータ、リクエストタイプ、認証の詳細を始めとするAPIの詳細を指定して外部エンドポイントからYextへデータを取得することができます。設定が完了すると、APIコネクターがそのAPIエンドポイントにコールし、任意の構造のJSONレスポンスを受信できます。コネクターの実行は、具体的なスケジュールに沿って、プラットフォーム内のボタンをクリックしてオンデマンドで、またはAPI経由でトリガーが可能です。

Pull from API

API Trigger

A Pull from API Connector can be triggered to run on-demand by sending a POST request to the new Connector Trigger endpoint. If the source system that your API Connector is pulling data from supports Webhooks, you could set the Webhook URL to the new Connector Trigger endpoint so that your Connector runs each time a Webhook fires.

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

Data Connector — Transforms

Knowledge Graph

While admins love uploading clean data, sometimes things get messy. To make it even faster and easier to upload and integrate data into the Knowledge Graph, we’re introducing Transforms to Data Connectors.

Transforms allow you to manipulate incoming data in the Connectors workflow, eliminating the need to perform these actions before the data enters Yext. After choosing a transform action in the Connector workflow, you can preview the changes in real time. Additionally, you can add as many transforms as you’d like.

The following transforms are available:

  • Remove Unwanted Characters
  • Fix Capitalization
  • Filter Rows Based on Criteria
  • Find and Replace
  • Add Column with Static Value
  • Format Dates
  • Pattern Matching/Extraction
  • Functions
  • 関数を使用すると、Typescript関数を作成して呼び出すことでデータに対してカスタム変換を実行できます。

変換の詳細を確認するには変換トレーニングユニットを参照してください。 Add Transforms

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

コネクターの実行モード

Knowledge Graph

ロケーションLive APIの更新

Knowledge Graph

クローラーでクエリパラメーターを無視

Knowledge Graph

Export Entity Directly from Entity Edit

Knowledge Graph

To improve usability, we’re adding the ability to export an entity from the Entity Edit UI. Now you can save time exporting the entity you just edited by selecting More Actions and clicking “Export Entity” in the dropdown menu. From there you can configure the export and export the fields and file type of your choice with our existing Entity Export flow.

エンティティの編集から直接エンティティをエクスポート

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

エンティティ編集画面の折りたたみ可能なフィールドセクション

Knowledge Graph

Knowledge Graphのカスタマイズ性をさらに高めるため、折りたたみ可能なフィールドセクションを追加しました。この機能を使うことで、エンティティページを表示する際に、セクション全体のコンテンツを折りたたみ、一時的に非表示にすることができます。

折りたたみ可能なフィールドセクション

管理者は、デフォルトまたはエンティティタイプ別にフィールドセクションの折りたたみと展開の別を設定することもできます。この設定は、エンティティタイプのフィールド設定の選択、またはJSONでのConfiguration as Code経由でのプレゼンテーションリソースの更新の際に行えます。エンティティを見やすくし、フィールドユーザーの操作性を高める上で役立ちます。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

ふりがなフィールド

Knowledge Graph

新登場の [ふりがな(Phonetic Name)] フィールドを使用して、エンティティ名のふりがなを保存できるようになりました。

ふりがな電話

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

フォルダ管理ツールの更新

Knowledge Graph

フォルダ管理ツールは、ユーザー権限とワークフローの自動化を可能にする強力な機能です。既存のフォルダ構造を変更すると、既存の統合や特定のフォルダへの権限をもつユーザーに影響が及びます。フォルダ管理の精度を上げ、誤って既存のフォルダ構造を削除してしまうことを防ぐため、以下のUXの改善を行いました。

  1. 閲覧モードの際のフォルダ管理ツールのメインページから [フォルダを再編成する] ボタンを削除しました。
  2. 編集モードの [保存のみ] ボタンを削除し、[フォルダの保存と再編成] ボタンの名称を [フォルダを再編成する] に変更しました。
  3. 変更の影響が分かりやすくなるよう、警告モーダル内のコピーを更新しました。

フォルダを再編成免責事項の警告

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

コネクターの改善

Knowledge Graph

2021年春の製品リリースでは、さまざまなデータソースからの堅牢なKnowledge Graphの手軽な構築をサポートするデータコネクターフレームワークを追加しました。この機能を拡張し、使いやすさを向上させるため、以下の改善を加えました。

現在進行中の実行をキャンセル

コネクターの実行中に必要に応じて [キャンセル] をクリックしてジョブをキャンセルできるようになりました。

クローラーをキャンセル

追加のページ属性の抽出

指定したページ要素に含まれるテキストの直接取得に加え、Knowledge Graphでリッチテキストとして保管できる未加工のHTMLを選択したいというニーズに応え、テキスト、ダイレクトテキスト、HTML、URL、画像URLなどの属性が選択できるようになりました。今回の改善により、さらにスピーディにページからデータを取得し、堅牢なKnowledge Graphを作成できるようになります。

セレクターを追加オプション

コネクターの概要UIの更新

コネクターの概要UIを簡略化するため、[自動実行] ボタンと [削除] ボタンを更新しました。

今後、[自動実行] 設定に変更する際には、ドロップダウンメニューから以下のように「はい」と「いいえ」のいずれかを選択します。

  • はい – コネクターが新しいクロールが完了するたびに自動で実行されます(週次)
  • いいえ – コネクターは [今すぐ実行]のクリックをトリガーとしてオンデマンドでのみ実行されます

\[自動実行\] ドロップダウンボタン

コネクターを削除する際は、これらの組み合わせの [設定を編集] ボタンを選択し、[コネクターを削除] を選択します。

設定の削除または編集ドロップダウン

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

GoogleアカウントIDフィールド

Knowledge Graph

YextとGoogleマイビジネスを活用されているユーザーの方に最適なGoogleアカウントIDフィールドを新たに追加しました。管理者は、このフィールドを使用してYext管理のサービスから完全に独立した形でGMB同期を設定することができます。

通常はYextチームがお客様に代わってこのフィールドを入力しますが、ロケーション追加を自社で管理されている場合には、このフィールドを社内で入力してGMBアカウントのロケーションに同期させることができます。これを行うには、GoogleアカウントIDフィールドに入力されたテンプレートを適用する方法が最も安全です。GMBアカウント間でロケーションを移動する必要が生じた場合には、新しいアカウントに合わせてこのフィールドの編集が必要となります。Yextチームがロケーション追加の管理を行っている場合には、このフィールドを編集しないでください。

GoogleアカウントID

Googleマイビジネスのアカウントをリンクする詳しい方法はGoogleマイビジネストレーニングモジュールを参照してください。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

アプリと統合

AI Search for Acquia

Apps & Integrations

With our new Drupal module, you can add Yext AI search to any website built with Drupal.

Click here to learn more about the Yext AI Search module for Drupal.

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

AI Search for Drupal

Apps & Integrations

With our new Drupal module, you can add Yext AI search to any website built with Drupal.

Click here to learn more about the Yext AI Search module for Drupal.

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

AI Search for ServiceNow

Apps & Integrations

Empower your customers and agents to self-serve and get direct, actionable answers to support questions. Yext AI Search for ServiceNow adds a world-class search experience to your ServiceNow help site and agent workspace.

With AI Search for ServiceNow, you can:

  • Give customers direct answers instantly - no long-form articles or blue links
  • Display content in a single unified search experience through a federated architecture
  • Prevent issues from becoming cases by allowing customers to self-serve
  • Scale customer service operations by offering 24/7/365 support to prospects, customers, and partners alike
  • Rerank FAQs based on which ones have resolved questions before

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Streams Endpoints for Reviews

Apps & Integrations

The Streams Endpoints for Reviews app installs two Streams Endpoints into your account using the new Apps with Configuration framework. One endpoint allows you to pull individual review data — a full review and rating left on your website. The other endpoint allows you to pull aggregate review data — the average rating and number of reviews from one source. Both of the endpoints allow you to pull data from First Party and External First Party reviews — one for individual Reviews, and one for Reviews Aggregate Data. These endpoints are filtered to only First Party and External First Party reviews.

このアプリはこちらをクリックしてインストールできます。Streamsの詳細はこちらのHitchhikerガイドを参照してください。

Platform

今回のリリースには、開発者と管理者向けの更新が多数含まれています。設定付きアプリ、アプリのインストール、更新フローの改善といったYextのアプリの可能性の拡大に加え、プラットフォーム内のナビゲーションバー、クイック検索でプラットフォームの使用感をさらに向上しました。他にも多数の更新が追加されています!

Apps with Configuration

Platform

Save time configuring accounts and build more powerful and functional apps for the App Directory with the new Apps with Configuration feature, which allows you to add Configuration Resources to apps that get applied on install.

Configuration resources are the JSON representation of settings in your account, like Entity Type definitions, Conversion Actions, Answers Config, and more. You can see a full list of Resources in our developer documentation here and can learn more about how Configuration as Code works in our dedicated track here.

This feature unlocks so many new possibilities that previously were not possible programmatically! For example, now you can create an app that:

  • Adds a new entity type with custom fields to an account and then syncs data to that entity type from another source.
  • Installs premade Answers configurations and frontends to have a purpose-built experience working out of the box
  • Applies Page Builder templates that are pre-customized and optimized for specific use cases
  • Creates a new Data Connector that syncs data from a third party source into the Knowledge Graph

Partners will especially enjoy this new functionality for applying configuration to sub-accounts in just a few clicks!

Apps with Configuration make it seamless to package solutions at scale and improve the customer experience when installing apps. The possibilities are endless, and we can’t wait to see what you create.

Have any feedback or questions? Leave us a note in the Community here.

クイック検索

プラットフォーム

アプリインストールと更新フローの改善

プラットフォーム

ライセンスパックのメモ

プラットフォーム

契約の異なる複数のライセンスパックセットに対応する管理者がライセンスの割り当てをしやすくなるよう、ライセンスパックのメモ機能を追加しました。ライセンスの割り当てUIに表示されるこの列に各ライセンスパックの説明や見分け方のメモを入力すれば、適切な契約のライセンスを割り当てられるようになります。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

パートナーポータルUIでアカウントレベルのサービス設定が可能に

プラットフォーム

今回のリリースでは、パートナーポータルにアカウントレベルサービスのサポートを導入しました。これまでは、ロケーションレベルでのみプロビジョニングが可能でしたが、今後はユーザーはサブアカウントレベルでサービスをプロビジョニングし、パートナーポータルの複数のサブアカウントに一括でサービス変更を行うことができるようになります。

パートナーポータルでユーザーが以下の操作をできるようになりました。

  • サブアカウントにサービスを追加
  • サブアカウントのサービスをキャンセル
  • サブアカウントへサービスを一括追加/削除
  • 新しい空白のサブアカウント(ロケーションなし)を作成

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

管理者コンソールでリソースタイプ別に整理

プラットフォーム

管理者コンソールの使用感がさらにスムーズに変わりました。使いやすさの向上のため、最上位ディレクトリが名前空間別ではなく、デフォルトでリソースタイプ別に表示されるようになりました。引き続き名前空間別にコンソールを表示したい方はこれまでの表示方法を利用できます。組織の表示方法を名前空間別に戻したい場合には、設定から [リソースタイプモード] のチェックを外してください。 管理者コンソールの設定

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Analytics

クラスターパフォーマンス

Analytics

検索体験を最適化する上では、顧客が何を探しているかを理解することが重要です。2021年夏の製品リリースでは、管理者による大規模な検索体験の最適化を容易にするクラスターパフォーマンスが導入されました。

クラスターパフォーマンスは、サイズと品質に基づき、各クラスターを以下の4つのグループに自動分類します。

  1. 注意が必要 - 大クラスター
  2. 注意が必要 - 小クラスター
  3. パフォーマンス良好 - 小クラスター
  4. パフォーマンス良好 - 大クラスター

クラスターパフォーマンス

これにより、ユーザーが検索している対象やクラスターのパフォーマンスを手軽に把握できるようになり、改善を要するクラスターに注力することができます。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

クラスタリング向けパフォーマンスグループ

Analytics

サポート検索の案件提出回避指標

Analytics

案件提出回避指標の導入で、サポート検索がビジネスや顧客に及ぼす影響を定量化できるようになりました。以下の指標を新たに追加しました。

  1. 案件の開始:ユーザーが検索でジャーニーを開始した回数
  2. 案件の提出:ユーザーが検索でジャーニーを開始し、案件を提出した回数
  3. 提出の回避:ユーザーがジャーニーを開始したものの、案件を作成しなかった回数
  4. 提出の回避率:サポート検索により案件提出が回避された比率

これらの指標は、プラットフォーム内のダッシュボードとReport Builderに加え、Analytics API経由でも利用できます。

案件提出回避指標

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

新しいコンバージョンアクションのステータス

Analytics

コンバージョントラッキングを有効化するには、(1)ウェブサイトへコンバージョンタグを追加し、(2)クリックを収集したい各製品のCookieを有効化する必要があります。これまで、最初の手順であるウェブサイトへのコンバージョンタグの追加を完了しても、次の手順であるCookieの有効化ができないためにアクションのステータスが「ライブ」に変更されてしまい、設定プロセスを完全に完了していない場合混乱が生じることがありました。

コンバージョントラッキングのステータスとインストール完了に必要な手順を分かりやすくするため、新たにステータス「タグが見つかりました - クリックなし」を追加しました。コンバージョンタグが正常にインストールされ、ページで起動したものの、そのタグと関連付けられたクリックがまだ存在しない場合にこのステータスが表示されます。

これにより、コンバージョンタグの設定が完了しているものの、コンバージョンタグでコンバージョンのキャプチャを開始するにはCookieの有効化が必要な場合に確認がしやすくなります。

タグが見つかりました - クリックなし

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

新しいAnalyticsナビゲーション

Analytics

最も重要な分析をスピーディに見つけられるよう、Analyticsタブのナビゲーションに以下の変更を加えました。

  • ユーザーがタブナビゲーションバーからAnalyticsをクリックした際にデフォルトでダッシュボードが表示されるように
  • 以前は [概要] に表示されていたコンバージョントラッキングがナビゲーションバーの [コンバージョントラッキング] タブに表示されるように
  • 以下のタブについても名前が変更されました。
    • レポートからReport Builderへ変更
    • ダッシュボードからダッシュボードへ変更

新しいAnalyticsナビゲーション

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

新しいエンドポイント — Analytics API Catalog

Analytics

新しいエンドポイントAnalytics API Catalogの追加により、ユーザーはAnalytics APIで利用可能な指標に関するメタデータをプログラムで返せるようになりました。このエンドポイントは、Analytics APIでクエリ可能なデータと各指標につき完全なデータが利用可能となるタイミングを把握する上で役立ちます。エンドポイントには、アカウントで利用可能な指標や各指標の完了日が表示されます。

GETリクエストの例:

https://api.yext.com/v2/accounts/me/analytics/catalog?api_key={YOUR_API_KEY}&v=20210415

出力の例:

{
    "meta": {
        "uuid": "6471d2a9-a0bd-4c01-a8b9-04071d75e4a1",
        "errors": []
    },
    "response": {
        "metrics": [
            {
                "id": "FACEBOOK_POST_IMPRESSIONS",
                "completedDate": "2021-03-20"
            },
            {
                "id": "GOOGLE_SEARCH_VIEWS",
                "completedDate": "2021-03-19"
            },
            {
                "id": "ANSWERS_SEARCHES_WITH_CLICKS",
                "completedDate": "2021-03-23"
            },
            {
                "id": "ANSWERS_SEARCHES",
                "completedDate": "2021-03-23"
            },
            {
                "id": "ANSWERS_SEARCHES_WITH_KG_RESULTS",
                "completedDate": "2021-03-23"
            },
            {
                "id": "ANSWERS_CLICKS",
                "completedDate": "2021-03-23"
            },
            {
                "id": "CONVERSION_RATE",
                "completedDate": "2021-03-23"
            }
        ]
    }
}

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

APIでの過去の完了日のクエリ

Analytics

Analytics APIを使用して、完了日を超過したものを含め、Yextプラットフォームで利用可能なすべてのデータをクエリできるようになりました。

Yextでは、必須の分析を実行するのに欠かせない機能と併せた形でお客様に最も完全かつ正確なデータを常に表示できるよう尽力しています。この目標を達成するため、Report Builderとダッシュボード内の動的な日付範囲フィルタのそれぞれに完了日を組み込みました。

こうした目標を掲げつつ、完了と未完了にかかわらず、Yextからのデータに可能な限り早急にアクセスしたいユーザー向けにより柔軟性を高める改善も加えています。

この新機能にアクセスするには、Vパラメータを20210515以上に設定して既存のAnalyticsエンドポイントへPOSTリクエストを実行してください。

https://api.yext.com/v2/accounts/me/analytics/reports?api_key={YOUR_API_KEY}&v=20210515

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

コネクターを複製

Knowledge Graph

すばらしいコネクターが完成したらそれを複製できるようになりました!

既存のコネクターを複製し、それを修正して類似のコネクター作成の時間を節約できるようになりました。コネクターの複製で、複数のエンティティタイプに同様のコネクターを選択する場合にかかる時間を短縮できます。

例えば、金融サービスの管理者は銀行エンティティのクローラーコネクターを複製し、同じコンテンツソースから取得するエンティティタイプのATMエンティティ向けのコネクターを手早く作成することができます。

コネクターを複製

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Listings

Knowledge Networkパブリッシャーのアップデート

Listings

All publishers listed below support Location entity types

NEW: Safegraph

  • Yext now submits data to Safegraph’s places dataset. Safegraph strives to be the source of truth about the physical world. SafeGraph’s places dataset includes a breadth of information about physical places in the US & Canada, like core location information, spatial hierarchy metadata, place traffic data, and more.
  • 地域:カナダ、英国、米国

NEW: Superpages.com.au

  • Yext now supports location listings on Superpages.com.au, a directory site whose mission is to help people find great local businesses. This integration will go live by the end of August 2021.
  • Territory: Australia

UPDATED: HostMe

  • HostMe has ended support for a number of countries, including Finland and Japan. Support for the countries listed below under “Territory” will continue. This change will go into effect by the end of August 2021.
  • Territory: Argentina, Australia, Austria, Belgium, Brazil, Canada, Colombia, Croatia, Cyprus, France, Germany, Greece, Ireland, Italy, Latvia, Lebanon, Maldives, Malta, Mexico, Netherlands, New Zealand, Poland, Portugal, Romania, Russia, Saudi Arabia, Serbia, South Africa, Spain, Sweden, Switzerland, Ukraine, United Arab Emirates, United Kingdom, United States.

UPDATED: MapQuest

  • Previously, the MapQuest integration supported locations in the United States and Canada. Now, it supports locations in all Yext-supported countries! Support for new countries will go live by the end of August 2021.
  • Territory: Global

UPDATED: Postmates

As a result of Uber’s acquisition of Postmates, Yext’s integration with Postmates will change beginning on July 29, 2021:

  • Location and menu data currently delivered to Uber Eats will also be published on Postmates going forward.
  • Locations supported on Postmates are now subject to the menu restrictions of Uber Eats; locations must have a menu to be supported on Postmates.
  • Locations supported on Postmates are now subject to the category restrictions of Uber Eats; locations must be within a food-related category. This means that business locations in categories such as Drug Stores, Art Supply Stores, and Pet Stores will no longer be supported on Postmates.
  • There is no action required for current Yext customers, but locations who do not meet the requirements above will no longer see Postmates available in their Yext dashboard.
  • There is no action required for current Yext customers, but locations who do not meet the requirements above will no longer see Postmates available in their Yext dashboard.

UPDATED: ShowMeLocal

  • ShowMeLocal now supports locations in all Yext-supported countries. This change will go live by the end of August 2021.
  • Territory: Global

REMOVED: Bizwiki.co.uk

  • As of July 18, 2021, Bizwiki.co.uk and its affiliated sites — Accessplace.com, AllOneSearch.com, Bizwiki.com, and Townpages.com — are no longer active websites.
  • Territory: United Kingdom, United States

REMOVED: VebidooBiz

  • As of June 30, 2021, VebidooBiz is no longer an active website.
  • Territory: Germany

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

新しいパブリッシャーフィールド

Listings

Listingsでいくつかの便利な新しいパブリッシャーフィールドがサポートされるようになりました。

  • Google、Yelp、Appleで 新型コロナウイルス感染症予防接種センターフィールド新型コロナウイルス感染症検査センターフィールド への対応を開始しました。ロケーションで予防接種や検査を行っていることを伝えるこれらのフィールドに加え、これらのカテゴリーでは、パブリッシャーにより「新型コロナウイルス感染症検査センター(ドライブスルー)」「新型コロナウイルス感染症予防接種情報URL」など、多数の専用フィールドが利用できます。

新型コロナウイルス感染症予防接種情報 新型コロナウイルス感染症検査情報

  • Listingsでは、 Facebook固有のフィールド として「今すぐ注文」「フォロー」「ギフトカードを購入」などのCTA(行動喚起)が利用できるようになりました。

Facebook CTAフィールド

  • 最後に、YextではGoogleのサステナビリティチームと密接に協業し、新たな環境配慮型の取り組みとして リサイクル収集拠点オプション に対応しました。これらの新しいフィールドを使用することで、企業はロケーションで収集しているリサイクル素材を指定することができます。

Googleリサイクル属性

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Reviews

エンティティのレビュー生成

Reviews

エンティティタイプを問わない新たなアプローチで、標準のレビュー収集テンプレートを作成しました。また、開発者がLive Reviews APIを使った独自の招待テンプレートと収集ワークフローを構築することも可能となります。これを活用することで、開発者はブランド体験のあらゆる側面をコントロールしながら、Yext Reviewsのメリットを引き続き存分に活用できるようになります。

Review Generation for all Entity Types

Reviews

自社サイトのレビュー生成がすべてのエンティティに利用できるようになりました。製品、サービス、授業、動画、記事、体験、医師、店舗、レストランなど、Knowledge Graphに含まれるあらゆる要素に関して自社サイトのレビューを残してもらうようユーザーを招待することができます。

エンティティタイプを問わない新たなアプローチで、標準のレビュー収集ページを作成しました。また、API経由で自社サイトのレビューを受け入れるレビュー送信Live APIを使って開発者が独自の収集ワークフローをカスタマイズすることも可能となります。開発者がレビュー収集のための新しいカスタムページを構築できる新たなAPIの登場で、企業はブランド体験のあらゆる側面をコントロールしながら、Yext Reviewsのメリットを引き続き存分に活用できるようになります。

注:現時点で、パートナーアカウントではすべてのエンティティタイプでのReview Generationをご利用いただけません。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

ヘルスケア向けレビュー生成メールのサポート

Reviews

今夏のリリースでは、ヘルスケアエンティティタイプで自社サイトのレビューへの招待メールに対応しました。これまで、ヘルスケアエンティティタイプではSMSでの招待のみが可能でした。ヘルスケア業界のYextのお客様は今後、患者にメールでヘルスケア関連エンティティタイプへのレビュー投稿を依頼できるようになります。

注:既存のエンティティタイプ別のレビュー生成制限は引き続き適用されます。

  • We are currently in the process of warming up an IP Address with our new email provider. In order to ensure we maintain a great IP reputation (and get more emails in inboxes vs. spam folders), the system must limit the number of emails sent per day. During the warm up process, users should expect to see some delays between creating email invitations for HC Entities in Yext and the emails being sent.

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Reviews Webhookの更新

Reviews

Reviews Webhookで包括的なステータスメッセージが提供されるようになり、分かりやすさと精度が向上しました。今回のロジックの更新により、レビューのステータスの追跡がさらに容易になります。

レビューのステータスが変更されるたびにREVIEW_UPDATEDメッセージが送信され、[隔離中] から [ライブ] へ承認された場合やレビューがパブリッシャーにより [削除済み] として認識され、Yextでのステータスが [削除済み] に変更された場合に直ちに通知を受けられるようになります。今回の変更により、外部システムにYextでの適切なステータスが常に認識され、同期が確保されるようになります。

また、新しいWebhookイベントタイプREVIEW_DELETEDも追加しました。このWebhookイベントは、レビューが [削除済み] ステータスとなった時点ではなく、Yextのシステムから実際に削除された時点で発生します。[削除済み] ステータスのレビューとYextのシステムから削除されたレビューの違いに関する詳細は、ヘルプ記事削除されたレビューの管理を参照してください。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Pages

ページビルダーとKnowledge Tagsでのピクセル分析

Pages

Yextでは、世界中で異なるコンプライアンス基準に対応するため、ページビルダーとKnowledge Tagsをご利用の際にピクセルをよりきめ細かく制御できる機能を追加しました。

今回の更新に伴い、ピクセルを以下のように設定できるようになります。

  • 常にオン
  • 常にオフ
  • ユーザー別のオプトイン

ピクセルとは、サイトでのページビューとアクションを追跡するメカニズムです。これらのピクセルを通じて匿名のサイト訪問者データを収集することで、ウェブページとユーザーとのインタラクションの全体像を掴めるようになります。プライバシー規制により自社ウェブサイトでピクセルを使用できない組織でも、Yextでよりきめ細かい制御ができるようになりました。

ページビルダーでピクセルを設定するには、[Analyticsコントロール] にアクセスしてください。

Knowledge Tagsでピクセルを設定するには、Knowledge Tagsから [Analyticsコントロール] にアクセスしてください。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。

Streams

Streamsは、Knowledge GraphからAnswers、Pages、Listingsなどの消費者向けシステムへのデータの配信を効率化する最先端のアーキテクチャです。2021年夏の製品リリースでは、Yext製品から下流へデータを配信するこのインフラストラクチャへのアクセスを開発者に提供できる運びとなりました。

Streams

ユーザーは、StreamsエンドポイントでKnowledge Graphからアクセスする特定のフィールドのリストを設定できます。Streamsエンドポイントは、外部ユーザーがStreamsとやり取りし、Streamsインフラストラクチャ全体を活用するためのインターフェイスとして動作します。Streamsインフラストラクチャには以下が含まれます。

  • Streams API :消費者向け体験での公開に必要なコンテンツのKnowledge Graphからの取得に最適化された、極めて低レイテンシのコンシューマーグレードAPI。

  • Streams Webhook :プッシュデータフローでStreamsエンドポイントのデータの変更に関する通知を事前対応的に受け取る方法。

Streamsのユーザーは以下のようなメリットを享受できます。

  1. リレーションシップトラバーサル: Streamsには、ユーザーが複数の関連を通じてデータを参照できる「マルチホップ」対応を始め、エンティティの関連をトラバースする新たな方法が導入されています。例えば、Streams APIを使用することで、ユーザーは特定の保険プランを受け入れ、かつ対応疾患に特定の症状が含まれる医師をクエリできるようになります。

streams関連 2. 効率性: Streamsは、Knowledge Graphからデータを取得する方法としては極めて効率的かつ効果的です。これは、データがユーザーの提供するStreamsエンドポイント構成に従って提供されるため、クエリの時点でシステムが結果を返すためにKnowledge Graphにアクセスする必要がなくなるためです。

  1. 柔軟性: Streamsは高速なだけでなく、極めて柔軟です。Streamsインフラストラクチャを使用することで、ユーザーはYext Knowledge Graph内で、エンティティの関連を通じて、またはReviewsなどの他のデータソースを通じてなど、あらゆるフィールドを組み合わせてクエリを実行することができます。また、ユーザーがStreamsエンドポイント構成で受信したいフィールドを正確に定義するため、余分なデータ処理の必要もなくなります。

Streams CLIコマンド:Yext CLIには、Streamsエンドポイントに関連付けられたStreamsの可視性を提供する一連のStreamsコマンドが追加されており、必要に応じたStreamsエンドポイントのデバッグにも役立ちます。

Streamsの使用方法の詳細はこちらのガイドを参照してください。

フィードバックやご質問についてはこちらからコミュニティに投稿してください。